117系

わりと、117系は好きです。なんと言っても乗り心地が良いです。
関西地区の153系を置き換えた新快速に当場した117系は今まで1編成も廃車を出していません。
それだけ、長持ちする車ということなんでしょうね。
関西で乗り鉄していると、中間車が福知山色で先頭車だけが原色という組成の車両を撮り鉄の方々は、「サメ」といい嘆いていました。いまでは東海道線から湖西線、きのくに線などに活躍を移した関西の117系ですが、引退の話も聞きませんから、これからも元気に活躍してくれるでしょう。
ただ、2扉車というところが117系の難点となっています。
JR東海の117系は最近、新快速の運用が復活しました。JR東海では熱田、岡崎、豊橋、浜松などに運用に入らない昼間は分散留置されています。
わりと、デザインも気に入っていて今度名古屋にできるJR東海の博物館にも入るという噂があります。
この車両は名車だと思いますから、是非保存をして欲しいです。

この記事へのコメント

ひかり410号
2008年10月04日 10:31
どうも
117の新快速は少し前から運用はあったと思います。
でも、117は車体としても乗り心地としてもいい形式ですよね
2008年10月04日 15:08
ひかり410号さん、コメントありがとうございます。
わりと、古い車両ですが座席も座りやすく乗り心地はいいですね。117系の新快速運用は最近、復活しましたから、撮りたいものです。
こう
2008年12月25日 18:55
JR東海 117系は2013年には313系に
置き換えられるとかよく他のブログで
聞くことがあります。

この記事へのトラックバック