飯田線

静岡県浜松市に住んでいるので実質、僕の住んでいる市内に飯田線が走っているのですが、同じ市内でも浜松は合併により広くなったので飯田線の通る佐久間、水窪はかなり遠いです。
遠鉄電車の西鹿島駅からは、北遠本線というバス路線が水窪町まで走っていますが無論、運転本数もそんなに多くは無いですし時間もかかります。
国鉄の頃は、国鉄二俣線の遠江二俣駅(現在の天竜浜名湖鉄道、天竜二俣駅)から、国鉄佐久間線という路線を開設する予定でしたが、トンネル、築堤、鉄橋も出来上っていたのに、結局白紙になってしまったようです。現在でもこの佐久間線の未成線跡は残っています。また、天竜川を超えるはずだった鉄橋は、「夢のかけ橋」という名前で実際に渡れるように再利用がされています。
飯田線は佐久間ダムができる前の線路はすでにダムの底に沈んでしまいました。この当時の資料は、飯田線の中部天竜駅にある佐久間レールパークで見ることができます。
飯田線には小和田駅を代表とする存在価値が大変希薄な秘境駅と言われる駅が多数存在しています。僕も飯田線の始発駅である豊橋駅から飯田線の秘境駅に行くために旅をしたことがあります。小和田駅、田本駅、金野駅、千代駅、中井侍駅、為栗駅などが飯田線の代表的な秘境駅としてあげられます。
更に驚くことが1つあります。なんと、この飯田線は険しい山岳地帯を走っている路線なのですが、電化されているのです。この飯田線はもともと4つの私鉄が合併し、国鉄に吸収されたため電化されています。当時は豊川鉄道、鳳来寺鉄道、三信鉄道、伊那電気鉄道の各私鉄が運営していました。飯田線はJRの路線でありながら、駅の間隔が短いのは元私鉄だったことに理由があります。
豊橋から小坂井の手前までは名鉄電車と線路を共用していて途中で線路が分岐しています。豊橋から小坂井駅までは船町駅と下地駅があるのですが、全部の名鉄電車と一部の飯田線はこの駅を通過してしまいます。
飯田線は当時、80系などを代表とする旧型国電の宝庫でしたが、現在は313系や119系が走っています。また、飯田線の急行「伊那路」は165系で運転されていました。JR東海の115系が引退するまでは、115系もいましたが現在ではJR東日本の115系が走っています。
沿線の景色も天竜川に沿って走るローカル線で谷や崖を走る飯田線は見所が本当にたくさんあります。

この記事へのコメント

湘南色
2008年10月07日 18:30
こんな自然環境の厳しい路線をつくるときの工事の責任者はアイヌの人(確か川村カネトさんだったと思います。)だったらしいですよ。なので色々批判を浴びて大変だったそうですが、それをはねのけて完成させてしまうなんてすごいですよね!
2008年10月07日 19:42
湘南色さん、コメントありがとう。
アイヌ民族の方がこの工事責任者だったのですか。初めて知りました。そうですね。飯田線は厳しい渓谷の中を崖ギリギリで走るところ。渡らずの鉄橋なども有名です。
慶太
2008年10月22日 18:00
119系は平成23年度には、
313系に置き換わるそうです。
スピードアップをするために
置き換えると思います。
大阪人
2008年11月27日 20:33
119系 さよなら運転の時には
青春 18きっぷで撮影しに行こうと思います。
大阪人
2009年01月19日 20:27
こんばんは、飯田線 天竜峡駅周辺には
インターネットカフェーはありますか。
どのようなところか教えてもらえないですか。

この記事へのトラックバック